カテゴリ:・・・南アルプス( 28 )

【 梅雨入り前の鳳凰三山テント泊 その2 鳳凰小屋でテントなんです】

【 梅雨入り前の鳳凰三山テント泊 その1 夜叉神よりin 】



・・・ つづきます003.gif




鳳凰三山の稜線は砂浜みたいで
富士山や八ヶ岳や北アルプスなど~いろいろな山が見えて最高です!

富士山~!!
d0243721_23514715.jpg


甲府の町やら 奥秩父の山々やら
d0243721_23532628.jpg


薬師小屋の前を過ぎると
d0243721_005944.jpg


ちょびっと 冬の名残
d0243721_013474.jpg


からの なだらかな薬師のピーク
d0243721_053483.jpg


そして 大好きな白い稜線!
d0243721_021418.jpg


観音岳
d0243721_09813.jpg


実は今回のソロテント泊、グレゴリーの30リッターに全て収まってしまった。
道具の軽量化はほぼ何もしていない。
しいていえば 水場があるので水を1リッターほどしか持っていないというくらいか。
テントだって2-3人用だし
シュラフだって900gもあるし シュラフカバーだって持ってきている。
なんなら 本や座椅子の骨組みやら ランタンやら網だって持ってきた。
だから コンパクトだけど 重さはそれなりにある 
ただ コンパクトな分、カラダにフィットしてブレがすくない



いかに 今までのパッキングに デッドスペースが大きかったか、だ。

初めてのテン泊では 同じ量が 80リッターに納まりきらなかったのに。

不思議ですねぇ~ ^^;



薬師 観音~と歩いて 
穏やかな稜線から覗く横の岩峰の迫力に圧倒されたり
d0243721_024898.jpg
 

白鳳峠分岐で コッチへもいづれ下ってみたいなぁ~とか
d0243721_0251412.jpg


思ってる間に 地蔵のオベリスクへ☆
d0243721_0255255.jpg


地蔵岳も3回目なので オベリスクチャレンジ☆は せずに
それよりも 久しぶりのテント、ゆっくりしたいなぁ~ と思いながら鳳凰小屋を目指します。
d0243721_0321089.jpg

写真は 水場より

・・・地蔵まで 会ったのは4人だったのに

鳳凰小屋についたら まさかのテントがいっぱい!!
d0243721_033831.jpg


皆さま ドンドコ沢から登られていたようでした。

結局最終的に14~5張に・・・!!005.gif

私の愛用のマットは厚めの冬用サーマレスト/ネオエアーサーモです。
それに コンパックチェア(座椅子の骨組み・どんなマットレスにも使えてオススメ!!)
極楽使用!! コレが無いとテント内でくつろぐには腰が痛くなっちゃうんです~
d0243721_0355929.jpg


座椅子にふんぞり返って お茶しながら本を読む・・・
う~ん 最高!! これこれ!!003.gif053.gif
これがやりたかったのですよ~。  
d0243721_039376.jpg


そして 今日のごはんは焼きそば&スープです。 
野菜、にんじんたまねぎピーマン♪持ってきました。
ちょこっと野菜が入るだけでしあわせーです。
d0243721_043136.jpg

それにしても もうちょっと写真キレイに撮るよう努力しよう。。。


日中暑くても 日が落ちると急激に寒くなります。
マットは夏でも冬用です。
シュラフもパイネのオールシーズン用 ダウン量500gのものです。(総重量900g)
シュラフカバーもつけて。
おかげで ポカポカで過ごせましたよ。

夜が寒くて寝られないほどつらいことはありませんので(何度か体験アリ)
特に女性の方は寝具は軽量化せずに暖かいものをオススメいたします。


ウェアは 半袖T・長袖シャツ 短パン・タイツ
これに テントでは 厚めのダウン ウールのタイツですごしました。




夜は天気予報どおり 寒気がはいって 稜線はたぶん風速30くらいのものすごい爆風だったかと。
少し低い位置にある鳳凰小屋のテン場でさえ 轟音と風に動かされるテント・・・

きっと いつもどおり 陽が登ったら風はおさまるはず・・・

おさまらなかったら どうしよう?? 
青木鉱泉におりて 韮崎に出てからTAXI??  ・・・ なんて考えていた。

朝4時陽が登ったけれども 風は強い。 でも少しマシかな。



実は秋に来たときも強風で歩いた稜線・・・
薬師小屋では小屋の女の子が 
「私が上がってから 今シーズン一番風が強くて 小屋が壊れた!!」といい
小屋泊の人たちが不安そうに 大丈夫??とたずねて来た。

そんな中 歩いても 

場所によりけりで風は防げて 案外大丈夫だったので

今回も 大丈夫なはず!!
なんせ あたしゃー夜叉神に車とめてんだよー。 ってコトで。


鳳凰小屋から 分岐への近道を登り 稜線に出る手前でレイン上下を着込んだ。
ふきっさらしでは 寒さもキョーレツ!!

エイヤっ!! と 稜線に上がり 

ここから 観音までは4足歩行で・・・ ^^;

観音から先は 北西の風が当たりにくいのか 2足歩行できそうだったので
観音の岩陰でレインを脱ぎ 下山しました。



5月31日
7:30 夜叉神出発~ 11:00 南御室~ 14:45 鳳凰小屋

6月1日
朝 5時半小屋発~ 南御室で40分ほど休憩 12時ちょうどに 夜叉神に下山



無事下山できて よかった~


さて 次はどこへ行こう。

夏の縦走に向けて トレーニングしなくてはなんだけど

どうも まったり登山がしたい 今日この頃。。。。








 コチラもよろしく~ ↓↓↓  
(ブログも更新中)
【 愛知三河のヨガ教室 】
ブログランキング・にほんブログ村へ



ポチっ☆と 応援していただけると喜びます~笑
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

[PR]
by sei-yoga | 2016-06-12 01:11 | ・・・南アルプス

【 梅雨入り前の鳳凰三山テント泊 その1 夜叉神よりin 】

2016年 5月31日~6月1日(火・水)

梅雨入りしちゃって ジメジメした毎日が続きますが みなさんいかがお過ごしでしょうか?
先日 梅雨入りギリギリ前 5月31日~6月1日に 南アルプスは鳳凰三山に行ってきましたよー。

ドンドコ沢から行こうか・・・と思ったのですが
「あの」稜線は2回歩きたいナ~!!と思い
御座石の林道途中でUターン☆ 
そこから夜叉神に向かいました。
おまけに ドンドコ沢のある青木鉱泉は駐車場が1日¥750 テン泊だと¥1500 夜叉神は無料 ^^;
鉱泉までの林道はボコボコのダートな悪路 夜叉神は舗装してあってトイレもキレイなんです。。。


駐車場はさすがの平日・・・ 車少ないです。
d0243721_80361.jpg


静かーな林道を・・・
d0243721_86468.jpg


雨後なので若干ヒルにビビリながら 黙々と30分ほど歩いて~ 
夜叉神峠に到着。
d0243721_872178.jpg


ここは 北岳 間ノ岳 農鳥・・・ 白根三山の展望が素晴らしい!
ここまででも 良いハイキングコースになるかと思います。
d0243721_873859.jpg


夜叉神峠からは なだらか~な道がひたすらひたすら続きます。
ここは キレイすぎて まるで舗装路みたいです。
走る人にはよいかもしれない。
d0243721_883656.jpg


さすが平日・・・誰にも会いません。  
ひさびさのソロなので若干クマにビビリながら 歩いていきます。
基本チキンなので いろいろ ビビってます。


すこし開けた 火事場跡に到着。
d0243721_8105995.jpg


白根三山、これまたよく見えます。
間ノ岳がいちばん残雪が多く見えます。
d0243721_8121266.jpg


このあたりからは 富士山がチラチラ見え出します。
富士山と一緒に歩けるのは 南アルプスの醍醐味かと思います。
d0243721_8125940.jpg


何にもない 杖立峠はスルーして・・・
これまた 何にもない苺平。
d0243721_814545.jpg



ここからは昨年秋に来たときによったオススメのピークがあるんですよ~!
・・・と、 過去ブログを紹介しようと思ったら・・・
私 書いてないじゃん!! 笑
ブログ かなりサボってますね ^^;

秋の鳳凰も近いうち up したいと思います。


苺平から30分ほどで 南御室小屋に到着。
d0243721_8184774.jpg



私が行ったのは5月31日。
営業していませんでしたが、6月からは営業しているようですよ。
途中 小屋番さんに会い「テント張るなら ポストに500円入れておいてくださいね!」といわれました。
無人のときはそんなシステムのようです。
私は「時間があれば鳳凰まで行くつもりです。」とお伝えしました。 ^^*


おなかが減ったので 腹ごしらえ・・・
網はユニフレームの丸い網です。
d0243721_8233464.jpg


焼くとなんでも美味しくなるという必須アイテム~!! おすすめ!!


小屋から少し樹林を歩いたら あとはお待ちかねの稜線歩き!
d0243721_8254121.jpg



・・・ですが

今から お仕事言ってくるので 今日はここまで☆

またのちほど~ 笑







コチラもよろしく~ ↓↓↓  
(ブログも更新中)
【 愛知三河のヨガ教室 】
ブログランキング・にほんブログ村へ



ポチっ☆と 応援していただけると喜びます~笑
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

[PR]
by sei-yoga | 2016-06-11 08:30 | ・・・南アルプス

【南アルプス全山縦走!!】10日目 農鳥岳・大門沢泊 11日目 下山

【 南アルプス全山縦走!! 】1日目 ウソッコ沢小屋泊

【 南アルプス全山縦走!! 】2日目 茶臼小屋テント泊 

【 南アルプス全山縦走!! 】3日目 光小屋テント泊 

【 南アルプス全山縦走!! 】4日目 聖平小屋テント泊 

【 南アルプス全山縦走!! 】5日目その1 聖岳へ! 

【 南アルプス全山縦走!! 】5日目その2 百間洞テント泊!  

【 南アルプス全山縦走!! 】6日目その1 赤石岳避難小屋へ!  

【 南アルプス全山縦走!! 】6日目その2 悪沢岳へ!中岳避難小屋泊!  

【 南アルプス全山縦走!! 】7日目 三伏峠テント泊!  

【 南アルプス全山縦走!! 】8日目 塩見岳へ!  

【 南アルプス全山縦走!! 】8日目 熊の平テント泊!  

【 南アルプス全山縦走!! 】9日目 北岳山荘泊!  

【 南アルプス全山縦走!! 】10日目 北岳へ!  








10日目 ・・・ 8月6日(水)

北岳での素晴らしい日の出に若干酔っ払い気味でしたが
小屋に戻ってまいりました。
晴れていたら 北岳山荘のテン場はサイコーです。 富士山に酔いそうです。
d0243721_20552483.jpg
7:05  荷物を回収して小屋を出発
d0243721_2057302.jpg
昨日強風でガスが濃かった 間ノ岳へ向かいます。 今日は期待できそう!!
d0243721_20591198.jpg
北岳よー さようなら!
d0243721_20595669.jpg
昨日歩いた同じ道とは思えない爽快感
d0243721_2121069.jpg
こんな天気ならどこまでも歩きますよー
d0243721_2142268.jpg
小さく咲く花にもうきうきします♪ 
d0243721_21135460.jpg
8:40  快晴の 間ノ岳! 3189m
今年話題の? 1m身長が伸びた山! 笑
d0243721_21154785.jpg
さぁ 農鳥へ向かいます!!
d0243721_21203339.jpg
この眺め!! たまりません!!
駆け下りて ・・・   駆け上がり  空へ飛び出せそう!!
d0243721_21233088.jpg
・・・ に、見えますが 実際には石がゴロゴロした道なので足元注意しながら降りていきます
d0243721_21332983.jpg
鞍部に建つ農鳥小屋
d0243721_21362844.jpg
写真撮り忘れましたが ここのテン場も富士山ドーンと目の前で最高です。
にぎわう小屋をすぎ
d0243721_2138258.jpg
直登です!!
d0243721_21382567.jpg
間ノ岳側から見て まっすぐに飛び出せそうだと思った道は
まっすぐなだけにキツかった。。。 ただ高度がグングン上がるので
まるで 飛んでいるかのようで  高度感を感じます。
d0243721_21422176.jpg
登り切ったら
d0243721_21431989.jpg
10:56  西農鳥岳 3051m
山頂表示 。。。なかなかのガケっぷちに建っております。
d0243721_21462415.jpg
西農鳥からは 農鳥、その先に続く 白根南稜の
穏やかに続く広々とした稜線の眺めが素晴らしく
絶対に 白根南稜を歩きたい!!と思うほどにカンドーしたのにもかかわらず
写真に撮っていないという失態 ・・・ ^^;
d0243721_23115398.jpg
10:56 農鳥岳はツアーの方々でにぎわっておりました。
d0243721_23131233.jpg
そして 南アルプス縦走最後のピークを後にして
d0243721_23164280.jpg
最後の稜線歩きを味わいながら
d0243721_23194894.jpg
12:20  大門沢下降点
d0243721_23204990.jpg
 長い長い 樹林の急登に突入
d0243721_23213132.jpg
14:22  だいぶ下降してきました。 長い。。。 この道、登りで使いたくないねぇ。。。
d0243721_23251837.jpg
沢で疲れた足を癒します。
10日間 よく頑張った!!
d0243721_23264079.jpg
そして 15:20 大門沢小屋
d0243721_2327353.jpg
テントをはって暫くしたら
d0243721_23295630.jpg
小屋番のコに 頂いちゃいました コレ!! 光から来た記念にと!!
d0243721_233441100.jpg
普段 お酒 ほぼ飲まないのですが。。。
このワイン、すごく美味しかった!! 
縦走最後のご褒美~ 。。。。 ^^*

ワインを飲みながら 達成感に浸る 。。。 わけでもなく 

ただ 今日も富士山が見えるなぁ~ なんて思いながら
d0243721_2340239.jpg
空が青いなぁ とか
雲が白いなぁ~夏だなぁ~とか ぼんやりと考えながら
d0243721_234239.jpg
明日には下山しなければいけないということが 全く実感としてわかないまま・・・・・・





翌朝



11日目 ・・・ 8月7日(木)

6:00 大門沢小屋をあとにして
d0243721_2355326.jpg
ブナの森を歩き
d0243721_23562286.jpg
沢を渡り
d0243721_23571466.jpg
7:40
d0243721_2358566.jpg
7:50
d0243721_2359511.jpg
8:00
d0243721_23595483.jpg
9:00
d0243721_003552.jpg
温泉へ直行したのは言うまでもありません。
シャンプーは3回です。

降りてきたら もっとこう達成感とか 感動があるかと思ったが

そうでもなく

たぶんきっと 

まだ 下山してないからなんだな。  と いう結論に至ってみた。

日常との違和感もすぐに戻って普通になっても 

たぶんまた 

すぐに山に行くのだろうと思う。

まだまだ 

私は旅の途中なのでした。


ということで また


来年きっと 縦走している。


・・・かな?





ポチっ☆と 応援していただけると喜びます~笑
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ


【 愛知三河のヨガ教室 】
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by sei-yoga | 2014-10-13 00:21 | ・・・南アルプス

【南アルプス全山縦走!!】10日目 北岳へ!

【 南アルプス全山縦走!! 】1日目 ウソッコ沢小屋泊

【 南アルプス全山縦走!! 】2日目 茶臼小屋テント泊 

【 南アルプス全山縦走!! 】3日目 光小屋テント泊 

【 南アルプス全山縦走!! 】4日目 聖平小屋テント泊 

【 南アルプス全山縦走!! 】5日目その1 聖岳へ! 

【 南アルプス全山縦走!! 】5日目その2 百間洞テント泊!  

【 南アルプス全山縦走!! 】6日目その1 赤石岳避難小屋へ!  

【 南アルプス全山縦走!! 】6日目その2 悪沢岳へ!中岳避難小屋泊!  

【 南アルプス全山縦走!! 】7日目 三伏峠テント泊!  

【 南アルプス全山縦走!! 】8日目 塩見岳へ!  

【 南アルプス全山縦走!! 】8日目 熊の平テント泊!  

【 南アルプス全山縦走!! 】8日目 北岳山荘泊!  








9日目 ・・・ 8月6日(水)


この日の予定は白根三山を歩いて大門沢まで。 
休憩含めて11時間くらいと長いので 早めに歩き出そうと3時半に小屋をでる。

・・・が、真っ暗なうえ ガスが濃く しかも強風。  
たまに雲が晴れて星が見えるものの すぐにまたガスのなか。。。
ガスに反射するヘッドランプの灯りはあまりに頼りにならなくて
ちょっとココロ細くなって 小屋に逆戻り。。。 
d0243721_23534843.jpg

30分くらい 小屋でどうしようか悩んで
4時にようやく 小屋を出た。
真っ暗な中 60ルーメンの頼りない灯りをたよりに30分ほど歩くと
d0243721_2354868.jpg

あいかわらずガスの中ではあるけれど 
ピンホールみたいな 太陽が出てきて やっと明るくなってきた
d0243721_23542795.jpg

風が強く
d0243721_23551585.jpg

雲の流れが早い
d0243721_23552767.jpg

5:00 1時間ほど歩いて山頂に到着  北岳 3193m  貸切の山頂!!
d0243721_23554117.jpg

雲の海のムコウから 到着を待っていたように太陽が昇ってきた!!
お地蔵様と一緒に 思わず手を合わせたくなるような
d0243721_23555912.jpg

この山行のクライマックスにふさわしい 
ご褒美のような  黄金に輝く 最高の日の出。。。!!  
   
山の上から なんども日の出はみているけれど
久しぶりに こんな美しい日の出を見た!!
 
無事に ここまでこれたことに 本当に感謝!!
d0243721_23561167.jpg

また ガスは流れてきたけれど 
d0243721_23595796.jpg

そのガスの動きさえ 美しく。。。
d0243721_004528.jpg

 ありがとう!!   全てに!!
d0243721_01076.jpg

・・・ 気づくと 後ろにはブロッケンができていた。
d0243721_012555.jpg

雲の上の稜線は 天国へ続く道だと 思う。
d0243721_015225.jpg

いろんな困難に直面しても
足を前に 1歩づつ出していけば いつかは必ず辿り着ける
d0243721_021385.jpg

それぞれの 天国へ
d0243721_025268.jpg

いらっしゃいませ!!
d0243721_03842.jpg

そして 

ありがとう。



・・・ あぁ 下山したくない~ ・・・





ポチっ☆と 応援していただけると喜びます~笑
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ


【 愛知三河のヨガ教室 】
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by sei-yoga | 2014-09-26 01:03 | ・・・南アルプス

【南アルプス全山縦走!!】9日目 北岳山荘へ!

【 南アルプス全山縦走!! 】1日目 ウソッコ沢小屋泊

【 南アルプス全山縦走!! 】2日目 茶臼小屋テント泊 

【 南アルプス全山縦走!! 】3日目 光小屋テント泊 

【 南アルプス全山縦走!! 】4日目 聖平小屋テント泊 

【 南アルプス全山縦走!! 】5日目その1 聖岳へ! 

【 南アルプス全山縦走!! 】5日目その2 百間洞テント泊!  

【 南アルプス全山縦走!! 】6日目その1 赤石岳避難小屋へ!  

【 南アルプス全山縦走!! 】6日目その2 悪沢岳へ!中岳避難小屋泊!  

【 南アルプス全山縦走!! 】7日目 三伏峠テント泊!  

【 南アルプス全山縦走!! 】8日目 塩見岳へ!  

【 南アルプス全山縦走!! 】8日目 熊の平テント泊!  






9日目 ・・・ 8月5日(火)

朝起きると 雨は上がっていたけれど
下草は濡れているし いつでも雨になりそうだったので 雨対策を整える。

昨日たくさん歩いたので
今日は「ゆっくりお休みの1日」を予定していて 行動時間は5時間弱
北岳山荘まで行けばいい。

ゆっくり4時半頃起きて 6時に行動を開始した。
6:05  熊の平小屋のテラスより昨日見えなかった農鳥岳が目の前に見える。
d0243721_2362059.jpg

少し歩いて振り返って
熊の平の小屋と、少し離れたところにあるテン場。。。。
d0243721_2363645.jpg

黄色いテントは三伏峠から一緒の あるところの大学山岳部。
初めて縦走を体験するコもいたようでなかなか大変そうだった ^^;

三伏では私より前に行動を開始したのに 熊の平では真っ暗になってから到着。。。
途中でビバークも検討していたようだったけど なんとか小屋まで辿り着いて。
ちょっと ホッとした 
d0243721_23273860.jpg

三国平 農鳥との分岐
d0243721_2365264.jpg

砂礫の台地
d0243721_237540.jpg

すこしづつ高度を上げて
d0243721_2372038.jpg

ガスの中 痩せた尾根歩き  
d0243721_237314.jpg

チングルマの果穂もしっとり
d0243721_2345358.jpg

ケルンをすぎて
d0243721_2343670.jpg

8:00 三峰岳(ミブダケ・ミツミネタケ) 2999m
隣の間ノ岳は今年1m高くなってたけど残念ながら ココは1m足りないまま。
d0243721_238860.jpg

山頂直下 仙塩尾根との分岐で
聖から 抜きつ抜かれつしていたオジサマと お互いの健闘を祈りお別れ・・・
仙丈に向かい、甲斐駒に登り黒戸尾根で降りるとのことでした。

南の縦走では色々な人と 何回もあったり分かれたりの繰り返しも楽しかった。
d0243721_23524274.jpg

少し太陽の気配
d0243721_2383059.jpg

8:59 間ノ岳 3189.5m
今年から 1m高くなり 標高が日本第4位から 3位になった噂の?山です。
d0243721_239572.jpg

周りが少し 明るくなってきたのは・・・
そう!
強風で ガスが流れているから!!
d0243721_07354.jpg

とても休憩している場合ではないくらい強風なので 
せっかくのピークですが 写真だけ撮って先に進みます。
d0243721_2393016.jpg

北岳山荘が近づくにつれて 登山者がとても多くなってきました
みんなこんなに強風なのに登るのですね。。。

おまけにとうとう雨まで降り出しました。
d0243721_2395955.jpg

10:26 北岳山荘到着
テントを張ったら飛ばされそうなくらい強風だったのと
三伏から3日も続く雨に全てがずぶ濡れでいい加減乾かしたいのとで 
贅沢にも 小屋泊決定~!! 寝具なし素泊まりですが。 
d0243721_23101193.jpg

時間がまだ早いので誰もいない広ーい小屋。。。 小屋泊なんていつぶりだろう??
(中岳避難小屋にも泊まったけれど~ ちょっとカンカクが違う~)
この1室だけで50人くらい入れそう。 
小屋の定員は150名だけれども夕方までには満員になっていました。。。
d0243721_23102189.jpg

その後は濡れ物を 全てストーブの上に吊るして乾かしつつ
食堂でコーヒーを飲みながら おやつを食べながら 本を読みながら だらだらして
なんだか久しぶりに贅沢な時間を過ごし~。。。

外を覗くと 小雨強風の中 テントを建てているツワモノも数名いらっしゃいました。
d0243721_23104129.jpg

16:00  お天気が回復。。。
d0243721_23105744.jpg

夜寝ている間に テントのコが 強風に耐えられず小屋に避難してきていました。




小屋で安心感はあるけれど 旅の終わりが見えてきたようで少し寂しい。。。








ポチっ☆と 応援していただけると喜びます~笑
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ


【 愛知三河のヨガ教室 】
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by sei-yoga | 2014-09-25 01:01 | ・・・南アルプス

【南アルプス全山縦走!!】8日目その2 熊の平へ! 

【 南アルプス全山縦走!! 】1日目 ウソッコ沢小屋泊

【 南アルプス全山縦走!! 】2日目 茶臼小屋テント泊 

【 南アルプス全山縦走!! 】3日目 光小屋テント泊 

【 南アルプス全山縦走!! 】4日目 聖平小屋テント泊 

【 南アルプス全山縦走!! 】5日目その1 聖岳へ! 

【 南アルプス全山縦走!! 】5日目その2 百間洞テント泊!  

【 南アルプス全山縦走!! 】6日目その1 赤石岳避難小屋へ!  

【 南アルプス全山縦走!! 】6日目その2 悪沢岳へ!中岳避難小屋泊!  

【 南アルプス全山縦走!! 】7日目 三伏峠テント泊!  

【 南アルプス全山縦走!! 】8日目 塩見岳へ!  






8日目 ・・・ 8月4日(月)

9:20  塩見の東峰を越えて
d0243721_23211075.jpg

晴れていたら とっても気持ちよさそうな稜線を歩く
風が強く 雨粒は小さいけれどなかなか顔を上げられない
d0243721_2321264.jpg

雪投沢を見下ろす。
ハイマツが不思議な地図を描いているアノ場所を 歩いてみたい
こんな眺めよさそうな稜線が1時間以上も続いているというのに 残念ながら 何も見えない。
d0243721_23341798.jpg

地図に「ダケカンバとマルバタケブキの天国」と。
d0243721_23275623.jpg

たしかに 
ガスっていてもなんだか 高原のような 公園のような
d0243721_2325562.jpg

晴れていたら 確かに天国なのかもしれない
d0243721_23234017.jpg

そんな天国は かつてのキャンプ場跡。  11:06  廃小屋。
d0243721_23251791.jpg

砂浜感漂っていた 北荒川岳  なのに撮ったのは三角点のみ。
ここからは 塩見岳が大迫力の筈だったのだけれど・・・ 
d0243721_23253154.jpg

続くのは かなり地味な樹林帯歩き。
 雨足がつよくなり
ひたすら ひたすら 黙々 黙々 ・・・

座ろうにも ザックを降ろそうにも 水びたしで ・・・ 
さすがに 精神的に疲労感がつのり なにもかも投げ出したくなった中、
地図に「気づかぬうちに通りすぎることが多い」と書いてあった安倍荒倉岳に
14:09 半ば意地で登ってきた。 と、いっても登山道から10分なのだけど。
d0243721_23254253.jpg

14:45 ようやく ガスの中から小屋が見えたときには かなりホッとして座り込みそうだった。
(雨だから座れないけど)
d0243721_2325543.jpg

熊の平小屋。  どこから歩いても1泊以上かかる奥深い山小屋。
三伏峠から 休憩もゆっくりできず雨の中黙々と歩く11時間は精神的にキツかった。
d0243721_2326795.jpg

同じコースをまた歩くか?と聞かれたら 何も見えなくて楽しい思い出がなかっただけに
・・・ また 歩きたいと思う!!    (変人よばわりされる所以か ・・・ ^^;)
今度は絶対景色がよいときに歩きたい!! 
d0243721_23261747.jpg

前日からビショビショのテントをまた設営して 
とりあえず荷物を中に全て放りこみ もぐりこむ。  


夕食は 小屋で買った コモパンと缶詰のいなばのタイカレー。
持ってきた食料からは アルファ米の白飯を温める。




疲れた。  

けれど こんなのも悪くないし、
むしろ雨だからこそ余計に強く感じられる
自然の一片として組み込まれていることがここち良く。。。。


よーく

眠れました。




ポチっ☆と 応援していただけると喜びます~笑
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ


【 愛知三河のヨガ教室 】
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by sei-yoga | 2014-09-24 01:06 | ・・・南アルプス

【南アルプス全山縦走!!】8日目その1 塩見岳へ! 

【 南アルプス全山縦走!! 】1日目 ウソッコ沢小屋泊

【 南アルプス全山縦走!! 】2日目 茶臼小屋テント泊 

【 南アルプス全山縦走!! 】3日目 光小屋テント泊 

【 南アルプス全山縦走!! 】4日目 聖平小屋テント泊 

【 南アルプス全山縦走!! 】5日目その1 聖岳へ! 

【 南アルプス全山縦走!! 】5日目その2 百間洞テント泊!  

【 南アルプス全山縦走!! 】6日目その1 赤石岳避難小屋へ!  

【 南アルプス全山縦走!! 】6日目その2 悪沢岳へ!中岳避難小屋泊!  

【 南アルプス全山縦走!! 】7日目 三伏峠テント泊!  





8日目 ・・・ 8月4日(月)


昨日 テント設営後に降りだした雨は 全く止む気配なく明け方まで降り続いていた。
今日は三伏から塩見越えして熊の平まで 行動時間長く11時間オーバーの予定。

真っ暗な雨の中テントを撤収 。。。 キレイにテントをたたんでいる余裕もなく
大きなゴミ袋にザッとつっこんで ザックに押し込みレインカバーをかける。

行程が長いので 3時半に出発  もちろん真っ暗。

私のヘッドランプは 古いブラックダイヤモンドで60ルーメン。
歩けないほどではないけれど 明るくもないのでとりあえず足元を照らし
ころばないよう下を向いて歩いていく。。。
けど、 下ばかり向いていると迷子になりそうだ。

三伏山辺りまでは 足元が岩っぽくて すべりそうだった。
というよりも 真っ暗だし 雨だしで かなり気持ちが弱ってフラフラだった。

天気がわるいと ちっとも夜が明けない。

本谷山あたりで ようやく薄明るくなってきたものの ガスが濃い。

そこからは まったく景色の変わらない 樹林の中を黙々と登っていく。


・・・ 長い ・・・

・・・ 萎えるわー

この道 きっと 晴れてても眺望ないのだろう 


雨の日に樹林歩きで かえって良かった。
いい天気の日には 稜線を歩きたい。
樹林の中なら 雨も凌げる。

でも

・・・ 長い ・・・


樹林の中でも 苔や植物や 様々なものに出会えて 
黙々と歩くことも キライではないのだけど

雨が降っていると 
足元だけに集中してしまい 視界が狭くなり なにも見えず飽きてくる。


しかも 塩見小屋から下ってくる 数名の方々皆
「雨風強くてねー 危ないから山頂へは行かず、下山してきたよ。」 と、いう。


いやいや 


私 山頂を越えなければ 先へ進めないのですよ・・・

回避ルートなんてなく 進むか 戻るかの2択。
しかも山頂へ向かって歩いている今は 「進む」 選択をしている、ということ。 

地図には 塩見山頂に キケンの「危」マークが2箇所も。


・・・ 萎えるわー


と、 萎え萎えだった為 全く写真を撮っておりません。
カメラも防水ではないので 出せず。。。


7:00 ようやく 小屋に着いた!!
着いたと同時に小降りになり ・・・ 止んだ!!
d0243721_026881.jpg

完全予約制の塩見小屋・・・ 
なぜか宿泊の皆さんイチオシのBIGカツ~(駄菓子のアレね。100 円也)。。。
d0243721_0374128.jpg


休憩していると 小屋泊の方で山頂へ行って来たという人が戻ってきて
「風ないよ!! 大丈夫だよ!!  危険なんて全然ないよ!! 普通の登山道!!」
という力強いオコトバをいただき

また霧雨みたく降ってきた雨の中 
雨が酷くなる前に 山頂を目指すコトに。
d0243721_0384437.jpg

地図に岩場の急坂と書いてはあるものの
幸か不幸か ガスによって高度感もなにもないため
d0243721_0412113.jpg

危険?? どこに?? ・・・と、いう間に 9:06 塩見西峰 3047m
d0243721_0423887.jpg

霧雨から 雨粒になってきましたが 進みます 
d0243721_0502816.jpg
すぐに 塩見東峰 3052m  
 ・・・ずぶ濡れで かなり お疲れ記念写真となりました。。。
d0243721_1372092.jpg






ポチっ☆と 応援していただけると喜びます~笑
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ


【 愛知三河のヨガ教室 】
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by sei-yoga | 2014-09-22 01:07 | ・・・南アルプス

【 南アルプス全山縦走!! 】7日目 三伏峠へ! 

【 南アルプス全山縦走!! 】1日目 ウソッコ沢小屋泊

【 南アルプス全山縦走!! 】2日目 茶臼小屋テント泊 

【 南アルプス全山縦走!! 】3日目 光小屋テント泊 

【 南アルプス全山縦走!! 】4日目 聖平小屋テント泊 

【 南アルプス全山縦走!! 】5日目その1 聖岳へ! 

【 南アルプス全山縦走!! 】5日目その2 百間洞テント泊!  

【 南アルプス全山縦走!! 】6日目その1 赤石岳避難小屋へ!  

【 南アルプス全山縦走!! 】6日目その2 悪沢岳へ!中岳避難小屋泊!  





7日目 ・・・ 8月3日(日)

4:35 今日も富士サン おはよーサンでございます。
今日は お姿は拝見できましたが上下雲にはさまれております。
d0243721_11171247.jpg

悪沢岳のムコウから 陽が昇るにつれ 上の雲が赤く染まっていきます。。。
d0243721_11173112.jpg

振り返ると 朝陽に赤く染まった小赤石岳からは虹が出ていました
キレイだけど 天気は崩れていくのかな
d0243721_11174734.jpg

ダイヤモンド悪沢岳 笑 良いんだか 悪いんだか。  
悪 がつくだけで なんかロック的な。   ダイヤモンドユカイか。。。
d0243721_1118478.jpg

荒川前岳を越えて 
d0243721_1119846.jpg

地図に危険マーク。
ガレの縁急坂 と書いてあって いやーそれにしても縁っこすぎるし 
黄色いペンキで× ってしてあるし ほんとにキケンだから 他に道あるんじゃ。。。
・・・ と、いったりきたり かなりウロウロしたんだけど 道はみあたらず
若干とほうにくれつつ
よーく見ると・・・ みんなハイマツの上を歩いてるのね。
植物を踏なんて もってのほかだ!と思ってだから思いつかなかったけど
土の上は ほんとに縁っこ過ぎて今にも崩れそうで あまりに危険なので
ハイマツにごめんなさいして 上を歩かせてもらいました。
d0243721_11192054.jpg

今回の山行中 ナンバーワンの危険箇所。 恐ろしい。。。
d0243721_11193595.jpg

朝から1時間も出っ放しの虹。 
この先の重く立ち込める雲に向かう前の大サービス
d0243721_11195710.jpg

ダイヤモンド荒川前岳 笑
d0243721_11202146.jpg

キケンな縁っこ歩き まだまだ続くのか!!
・・・と ちょっと青ざめましたが
d0243721_11203311.jpg

少し歩いたところに分岐があって ホッとしました
d0243721_11205386.jpg

分岐からは標高差600mのカールを下っていきます
d0243721_1121889.jpg

遠くに連なる木曽駒に見とれていたら  手前に避難小屋発見!!
d0243721_11212334.jpg

ズ~ム☆
d0243721_11214059.jpg

さぁ まだまだ下っていきますよー 
今度は ナナカマドゾーンに突入です。
ナナカマド 大群生です!!
d0243721_11215688.jpg

秋はさぞや紅葉が素晴らしいことでしょう
d0243721_1122776.jpg

ナナカマドの隙間から 明日歩く予定の塩見岳が見えました。
d0243721_11442227.jpg

歩いてきた山、歩きにいく山 が見えるとうれしくなります。
塩見岳は山容が鉄兜にたとえられますが。。。。  どうでしょう??
d0243721_11222392.jpg

近く見えて まだまだ先は長いのですよ。
雨が降ったら滑りそうで嫌なカンジの岩を降り
d0243721_11224031.jpg

長い長い オオシラビソのトラバース道のはじまり。
d0243721_11225734.jpg

たまに隙間から 遠くが見えるものの 基本的には道幅も細く
足場もそうはよくなく 今回の山行中一番地味な道で すれ違ったのも1組だけだった。
縦走でもしないかぎり 歩かない道だからでしょう。
d0243721_11231052.jpg

ムカイに見える青々とした蝙蝠岳の尾根。
アクセス悪いけど いつか歩いてみたい尾根。
d0243721_11232316.jpg

水場は地図に細いって書いてあるけれど
本当に細くて 500mlためようと思うと寝て待つしかないのではと思ってしまう
いや大げさです。 ^^;  荒川のお花畑前の水場よりは豊富です。
d0243721_11233919.jpg

水場まわりは花や葉が潤いイキイキとしています。
カラマツソウ
d0243721_112498.jpg

キバナノヤマオダマキ
d0243721_11243158.jpg

7:50 ようやく さっきカールから見えていた 高山裏避難小屋に到着。
小屋の主は水場にお出かけで誰もおりませんでした。
d0243721_1124428.jpg

小屋裏はお花畑です
d0243721_11245596.jpg

しばらく休憩していると三伏から来たという大学生がやってきて 
光をめざすということで
しばらくお話してから 私は先に出発~
d0243721_1125588.jpg

お花畑を登りきると ガレの縁歩き。
晴れてたら西側の展望が良いらしいのですが何も見えません。
d0243721_11251833.jpg

それでも 次々と変わる登山道の様子は おもしろくて
お花畑がつぎつぎと現れたり
d0243721_11252963.jpg

ダケカンバとマルバタケブキ
d0243721_11254924.jpg

立ち枯れ
d0243721_1126028.jpg

原っぱ ・・・ と、 飽きることがありません。
d0243721_11261161.jpg

小刻みにアップダウンが続き
d0243721_11262240.jpg

ハイマツが低くなりだし森林限界を超え
ゴロゴロとした小石ののぼりにさしかかると 細かな雨が降り出して
d0243721_11264291.jpg

11:45  小河内岳山頂 なにも見えず。
d0243721_11265339.jpg

あたりが広いことは わかりました。  テン場にしか見えません。
d0243721_11273076.jpg

高度感は今朝ほどではないですが ここもなかなかの縁っこ歩きです。
d0243721_11274148.jpg

海岸のようだ。
d0243721_11275655.jpg

あたり真っ白だけれど まだまだ見えるから歩けますー。
d0243721_12563424.jpg

烏帽子岳は 展望が良いそうですが、おかげさまでこの通りです。
それでも 三伏峠から1時間弱ほどなので 登山者がようやく増えてきました。
d0243721_1128859.jpg

さぁ 先に進みましょう
d0243721_11281871.jpg

三伏峠手前のお花畑では 今回始めてのマツムシソウ。。。
d0243721_11283023.jpg

分岐から少し歩いて
d0243721_11285118.jpg

13:59  三伏峠小屋到着
d0243721_1129219.jpg

明日からは暫く天気もすぐれないようだし
台風も2つきているようだし   下山するならココしかないし。
う~ん。  と、 唯一下山を迷った瞬間。。。
d0243721_11291956.jpg

しかしながら この時 友人様が来ていたのと
偶然にも ヨガのお客様M君が テン泊で来ていたのとで 
すこし元気になって 思いとどまってテント設営。
d0243721_1142857.jpg

テント設営して 水場(遠い。。。)から戻った途端に 大粒の雨!!
16:30 慌ててテントにもぐりこみ やっぱり 下山するべきだったか。。。   
と、 少し思ったのでした。
d0243721_11293757.jpg




ポチっ☆と 応援していただけると喜びます~笑
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

[PR]
by sei-yoga | 2014-09-18 11:38 | ・・・南アルプス

【 南アルプス全山縦走!! 】6日目その2 荒川岳(悪沢岳・東岳)へ! 

【 南アルプス全山縦走!! 】1日目 ウソッコ沢小屋泊

【 南アルプス全山縦走!! 】2日目 茶臼小屋テント泊 

【 南アルプス全山縦走!! 】3日目 光小屋テント泊 

【 南アルプス全山縦走!! 】4日目 聖平小屋テント泊 

【 南アルプス全山縦走!! 】5日目その1 聖岳へ! 

【 南アルプス全山縦走!! 】5日目その2 百間洞テント泊!  

【 南アルプス全山縦走!! 】6日目その1 赤石岳避難小屋へ!  




6日目 ・・・ 8月2日(土)

8:30 最高な眺めの 最高に気持ちのいいベンチ。
来年はここに泊まって ここで1日中コーヒーでも飲んで過ごしたい。
d0243721_23252065.jpg

・・・ 結局1時間も居座ってしまった。
d0243721_23253995.jpg

山頂は小屋から すぐ。  赤石岳 3120m
d0243721_23255818.jpg

ここまでは 昨年も歩いた道。
ここから 先は未知の道。  わくわくと どきどきと 緊張と 不安。
d0243721_23261655.jpg

ゆるやかに稜線を下り 振り返ると小屋の上に。。。 
d0243721_0245171.jpg

荷揚げのヘリが!!  
あのコーヒーの吹流しを思い出して すこし笑えた。
d0243721_0264247.jpg

小赤石岳 3081m

忘れ物の誰かの杖。  困ってないといいけど。 いや、困ってるか~。

山で忘れ物をした場合どこまでなら取りに戻るかな? 
1時間くらいなら取りに戻るか??
そこを通過した時間にもよるし  忘れたものにもよるかもしれない。
そもそも どこに置いたか覚えていないことも多そう。。。
d0243721_23265669.jpg

小赤石のピークをすぎてすぐに!!
登山道脇で何か動いた!!と思ったら体全体を震わせて砂浴びをする雷鳥
d0243721_2327780.jpg

そして子供たち!!
秋には大きくなってしまう おちびさんに 今夏も会うことができました!!
雷鳥は山で会うと 富士山が見えた!・・・ってのと同じくらいの嬉しさです!
(何回見ても嬉しい!って感じです ^^*)
いつも親子仲良くて ほほえましい鳥です。
d0243721_23272538.jpg

山は午後には雲が沸きやすいとはいいますが
午後どころか昼前にはもくもくと雲が沸いてきます。
天気が崩れるまえに悪沢岳に行きたいなぁと思いながら 
思っただけで のんびり進みます。
  
なぜなら荷物が重いからです。 
ここまであまり食料を消費できておらず 荷物は一向に軽くなっておりません。
軽量化の為 食料としてアルファ米とラーメンばかり揃えましたが
普段元気なときでも食べないものを 
疲れて弱っているときに胃が受け付けるわけがなく。。。 ^^; 
d0243721_23274540.jpg

あぁっ!!  荒川小屋が見えてきた!!
あそこでなんか元気になるものを食べたいなぁ~
d0243721_2328745.jpg

小屋が見えたのでズームで撮ってみましたが
実はまだまだ だいぶ遠いです。
d0243721_23282556.jpg

それでも 1時間ほどで。。。
d0243721_23285836.jpg

荒川小屋に到着です!!  
やっと 美味しいごはんが食べられる!! 笑
d0243721_23291743.jpg

ここまで 他の小屋でも何度か軽食を頼もうと思っていたのですが
だいたい14時で軽食が終了してしまうので 
到着が遅い私は1回も頼めずにいたのでした~

おいしい普通のお米が食べたいのですがー
d0243721_23294171.jpg

荒川丼 は チャーシュー丼とのことだったので 
(個人的に 肉!ってなってるのがたべれません ^^;)
荒川カレーをいただきました!!  ニンニクチップ入りで美味しかった!! 
d0243721_23314487.jpg

ここから先・・・
今夜泊まる中岳非難小屋、 そして明日の夜泊まる三伏まで 水場がない!!ので
(途中高山裏にあるが 水場まで往復30分なんて 行ってられません!)
荒川小屋の水場で3.5リットルほど補充して ますます重くなった荷物に ふぅふぅ言いながら
d0243721_23315612.jpg

小屋を背に登って行きます。 小赤石のとがったピークも姿を現してくれました
d0243721_23321159.jpg

途中水場らしきものはありますが ないも同然なチョロチョロ具合です。。
そして ふぅふぅ いいながら登った先には。。。
d0243721_23322857.jpg

有名な 荒川のお花畑~!!!  
鹿の食害で減ってしまったとはいうもののそれでも圧巻です!!
(今では鹿避けネットで防護しています)
d0243721_017599.jpg

あまりの見事さに 皆テンションが上がり気味で~
興奮気味に 
「上のほうでねっ クロユリが上を向いて咲いているのがあったのよっ!!
普通みんな下を向いて恥ずかしそうに咲いてるでしょ??
なのにもうそれ、中まで丸見えよっ!! もうこっちが恥ずかしくなっちゃって!!」 
d0243721_23333379.jpg

・・・となんで恥ずかしいのか解らないけど 
テンション高めでかなりおもしろいおばさまに「絶対探してみてっ!!」
と 念を押されましたが ・・・ 探せなかったのが残念でなりません~
d0243721_23335287.jpg

お花畑を登り切ると 分岐・・・
d0243721_2334536.jpg

今から向かう 悪沢岳・千枚方面
今通ってきた 荒川小屋・赤石方面
明日向かう 高山裏・三伏峠方面
d0243721_23342070.jpg

ゴロゴロした岩を登って行きます
d0243721_23343433.jpg

まずは 荒川中岳 3083m
d0243721_23344445.jpg

下ったところに 今日お世話になる 中岳非難小屋
d0243721_23345697.jpg

ここはテン場がないので 今日は小屋素泊まりです。
ここに泊まると言ったら 赤石岳避難小屋のご主人に
「なかなかマニアックなところに泊まるねぇ ^^*」 
・・・と言われ何故だろうと思っていたのですが    なんとなく理解できました 笑
d0243721_23351258.jpg

小屋の到着が14時だったので この時間から悪沢岳ピストンはむりだろうと
諦めていたら  中岳非難小屋のご主人が
「天気も大丈夫だよ~ すぐだよ~ 行っておいでよ!!」 と仰ってくれたので
安心して 行ってきます!!
出発した時点では 悪沢はガスの中だったのですが・・・
d0243721_2273434.jpg

どんどんと ガスが抜けて~!!
d0243721_2336875.jpg

おぉ~ ピークまであとちょっと!! ガスでないで~
d0243721_23364541.jpg

と、願いつつも かわいいお花を見つけては 寄り道。。。
d0243721_23365769.jpg

寄り道。。。
d0243721_2322693.jpg

なんてしていたら 悪沢岳に着いたときには
d0243721_23371474.jpg

また 雲がもくもくしてはおりましたが
諦めていた悪沢岳に来ることができただけで満足です!! 
d0243721_23372639.jpg

待っていても晴れることもだいだろうと 小屋に戻ります。。。
d0243721_2337423.jpg

そして小屋につく手前で シャレたピークに寄り道・・・ 
d0243721_23375666.jpg

標高3063m!! 笑
d0243721_23381318.jpg

その後も ガスが流れているので~
外の眺めが気になって小屋を出たり
ダウンを着ててもちょっと冷えるので小屋に入ったり
d0243721_23391849.jpg

1時間くらい ウロウロしている間に・・・
d0243721_0335981.jpg

18:40
今日の締めくくりも素晴らしい富士山を眺めることができたのでした。。。
d0243721_2339382.jpg

うぅ 寒い~!!
気持ちはようやく折り返し地点です。。。



ポチっ☆と 応援していただけると喜びます~笑
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

[PR]
by sei-yoga | 2014-09-10 23:41 | ・・・南アルプス

【 南アルプス全山縦走!! 】6日目その1 赤石岳へ! 

【 南アルプス全山縦走!! 】1日目 ウソッコ沢小屋泊

【 南アルプス全山縦走!! 】2日目 茶臼小屋テント泊 

【 南アルプス全山縦走!! 】3日目 光小屋テント泊 

【 南アルプス全山縦走!! 】4日目 聖平小屋テント泊 

【 南アルプス全山縦走!! 】5日目その1 聖岳へ! 

【 南アルプス全山縦走!! 】5日目その2 百間洞テント泊!  




6日目 ・・・ 8月2日(土)


もう体が山時間に慣れつつあります。
2時半に起きて準備を始めて テント撤収して 4時半にヘッドランプをつけて出発。 
d0243721_0281496.jpg

5時になると 明るくなってきます。 今日は空が赤い。  天気が崩れていくのかな。
ここまで1週間晴天続きで 本当に恵まれている。
d0243721_0283110.jpg

周りの山並みが 本当にキレイ。。。  山の朝は最高です。
d0243721_0285037.jpg

谷にもようやく陽がさしてきました。
d0243721_029936.jpg

登りきったら ハイマツの平原のムコウに赤石の姿。
d0243721_0293485.jpg

d0243721_0301356.jpg

標高2700mを越える 眺めよく 気持ちの良い平原。。。
先を急ぐのがもったいなくて 何度も休憩をしながら
d0243721_030314.jpg

ようやく赤石をめざすことに
d0243721_0304169.jpg

山梨側の東尾根から見る青々とした姿とは全く異なり
長野側はゴロゴロとした岩尾根が続きます
d0243721_0305433.jpg

そして 昨年とは全く異なる姿 笑
2013年 赤石岳へ
d0243721_0314087.jpg

こんな素晴らしい景色が広がっていたのですね!!
d0243721_0323433.jpg

やっぱり東からみる穏やかな姿と異なる
西側の荒々しい姿 。。。 なんだか ヤツの大同心小同心を思い出した。 
d0243721_036160.jpg

文三郎から赤岳を目指す道を思い出した。
その、デッカイバージョン みたいな。
d0243721_0361954.jpg

陽がさす方へ。。。
d0243721_0363373.jpg

稜線へ出た!!
d0243721_0364880.jpg

赤石岳避難小屋
d0243721_037183.jpg

そして 富士山!!  コンデジだと こんなだけど
d0243721_0372091.jpg

リアルだと コレくらいに見えるのよ~  いや もっと どど~ん!!と見えるのよ~
d0243721_037344.jpg

チングルマ咲くムコウに雪渓。
今年は雪が多かったみたいだけど ここの雪渓サイズは昨年と同じくらいかな?
d0243721_037475.jpg

小屋の壁にある 百瀬慎太郎の詩。 とてもステキな詩だ~と簡単には言えるけど。。。 

日本の近代登山の先駆者の1人で明治~大正~昭和に生きた人
信仰登山がメインだった時代に
山小屋をつくりガイド組織をつくり登山文化を広めた偉人。

それだけ一般の人が山深くに入っていくことが容易ではなかったからこその詩。
今ではアクセスも車でその日のうちに移動して整備された登山道を安心して歩け
手軽に日帰りや数日で山深くまで入り込める。
なんなら ケイタイでどこからでも連絡可能とあっては 人を想う間もない。

そんな便利すぎる世の中だからこそ そんな詩を想う時代にあこがれる。
不便さにあこがれる。

だから 長期縦走にあこがれる。

長期縦走を続けていったらこの便利な時代でも 
百瀬慎太郎の詩が本当に解るようになるのだろうか?  

・・・あ、ちなみに南は 今の時点では ほぼdocomoしかつながりませんよー。
(私はau ^^;)
d0243721_038575.jpg

そんな赤石避難小屋では
チエコさんがハーモニカの演奏を披露してくださり
なんて曲だったのか・・・すごくすご~く いい曲、いい音色で・・・ 
百瀬慎太郎の詩と相まって じーんと心に染み渡りました。。。
d0243721_038559.jpg

ほっこりしたところで チエコさんが
「まだ時間があるなら いいところがあるの」 
・・・と、教えてくださった とっておきの場所~!! あんな所にベンチが!!
d0243721_0391192.jpg

最高な眺め!!
d0243721_0393483.jpg

っていうか!!  富士山噴火してるよ!! 
そこからみんなワイワイ集まって 富士山が噴火だ! 噴火だ!! 
facebookにアップだ!! と大盛り上がり!! ^^;
d0243721_0402056.jpg

チエコさんから「お財布に入れておいてね」と頂いた小さなお人形。
困ったこと お願いごとがあるときに出して枕の下に入れて寝ると良いそう。
大事に お財布にいれてあります。。。  ^^*
d0243721_0405228.jpg

コーヒーののぼりはためく避難小屋。。。
コーヒーが名物なんですか??と聞いたら
「いや、吹流し(ヘリの為の目印)がなくなっちゃったんで 代わりにつけているだけだよー。」と!!
唖然    
・・・ぷ。    ゆるすぎる。  
d0243721_0411953.jpg

来年は ここに泊まりに来たいな。
と想いながら。

かなり 長居している間に 昨日洗濯したTシャツや靴下は ほぼ乾いていた。
d0243721_0413668.jpg

ステキなベンチからは この先にまだまだ続く縦走路が広がっておりました。。。







ポチっ☆と 応援していただけると喜びます~笑
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

[PR]
by sei-yoga | 2014-09-08 00:42 | ・・・南アルプス