タグ:近畿の山 ( 2 ) タグの人気記事

【金勝アルプス】

2016年3月2日

昨日の猿投に続き またしても低山徘徊してまいりました。

父をそそのかして 栗東の金勝アルプスへ付き合ってもらいました。

上桐生の広い駐車場から~ (4月~11月は有料のようです。今回無料でした)
d0243721_20572112.jpg

緩やかな道を
d0243721_2102523.jpg

小さな沢を何度も渡りながら
落ヶ滝へ。  大きな一枚岩の立派な滝です。  
d0243721_2112792.jpg

ここからぐるっと周って 滝の上部に出ることができます。
滝を上から眺めることって なかなかないからワクワクしますね!

はい。 ここがさっきの滝の上です! 
水量が少なめなこともあり なんだか穏やか~な感じで癒されます。
d0243721_21303916.jpg

さらに滝の上部へ。   昨日から寒さが続いていて岩が凍って足元注意です。
d0243721_21184018.jpg

さらにさらに 登っていきます。
d0243721_2119525.jpg


今回自分でも地図を用意したのですが 
駐車場にこんな立派なパンフレットがございまして。
コレを頼りに歩かせていただきました。
見所やコースタイム、注意箇所など、写真入りの丁寧なパンフレットです。
d0243721_21275788.jpg

稜線に上がり  まずは 左へ。。。鶏冠山へ向かいます
d0243721_21324960.jpg

あ! この山だよね~?  
d0243721_21363735.jpg

。。。と、思いきや これはニセピークで。
そんな ニセピークに3回ほどだまされながら 地味~にアップダウンを繰り返し。。。
d0243721_21391215.jpg

ようやく 
d0243721_21405550.jpg

鶏冠山 ・・・  とさかやま ・・・  ハッ!!
d0243721_21445496.jpg

ピークが いっぱいある。。。  ^^;

まさに 名前どおりだわ。  
と、妙に納得しながら先ほどの分岐へ戻り さらにさらに歩いていくと
岩がゴロンゴロンした山。  今日のメインの目的地である天狗岩。
d0243721_21562523.jpg

さぁ登って行きますよ?
d0243721_21584716.jpg

大きい岩がいっぱいで迫力あります!
d0243721_2203591.jpg

そして眺めもいい!
d0243721_2221189.jpg

栗東の町や 琵琶湖 新東名なんかも見えます。
d0243721_2234575.jpg

なんていいながら ほとんど写真を撮っていなかったのは

はんぺんを焼くのに夢中だったからなのでした・・・ ^^;
d0243721_2262179.jpg


小腹を満たしたら 天狗岩をあとにして
(あの てっぺんで食べていたのですよー! 気持ちよさそうでしょ?)
d0243721_22972.jpg


どのへんが耳のようそなのかわからない 耳岩
d0243721_22103250.jpg

からの~
d0243721_2212226.jpg

茶沸観音
d0243721_22132332.jpg

鎌倉時代の作と伝わる小さな観音様。
金勝寺の参詣道沿いで、登山者をもてなす茶屋があったことから、その名が付いたよう。
(@ウォーキンgood!)

からの~

狛坂磨崖仏
d0243721_22185610.jpg

花崗岩の岩肌に三尊仏が刻まれている。
高さ約6m、幅3.6mの壁面に阿弥陀如来坐像を中尊として、観音・勢至の両脇侍を刻み、
その周囲に12体の仏像が半肉彫りされている。
制作年代は不明だが、奈良時代後期の作とも平安時代から鎌倉時代にかけての作ともいわれている。
(@ウォーキンgood!)

からの~

逆さ観音
d0243721_22232673.jpg

逆さ観音は、元々は阿弥陀三尊の石仏だったものが、オランダ堰堤築造時に石材不足で一部を削り取られたために、そのバランスを失い崩落。逆さになって止まったのだとされる。
(@ウォーキンgood!)

からの~

オランダ堰堤
d0243721_2226458.jpg

オランダ人デレーケが最先端の土木技術で建設した砂防ダム。
このダムのおかげで、大阪湾に流れ込む淀川の治水・利水が可能になったとされ、
近代日本における、重要な土木遺産に指定されている。
(@ウォーキンgood!)


・・・ 後半は史跡めぐりもできる 眺め良く楽しい山です。

実は昨年も同じ時期に登ってたんだけど up しわすれてたなぁ~。





コチラもよろしく~ ↓↓↓  
(ブログも更新中)
【 愛知三河のヨガ教室 】
ブログランキング・にほんブログ村へ



ポチっ☆と 応援していただけると喜びます~笑
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

[PR]
by sei-yoga | 2016-03-02 22:31 | ・・・ 近畿の山

秋の 大杉谷

こんにちは   こんばんは。

北の山行の写真整理がままならず。

最近では 大杉谷というワードで 私のブログに辿り着く方も多いようなので

忘れていた昨年の大杉谷山行の写真でもupしようかなーなんて。

そう。

昨年 下ノ廊下にも2回行ったのだが  実は大杉谷にも2回行っていたのですよ。

1回目は 春でした ・・・  春の大杉谷

ふふふ。



2014年11月19日 


7時近くなって 駐車スペースを出発。 車は自分達の含めて3台ほど。
d0243721_236333.jpg

紅葉とダム湖のコバルトブルーがきれいである。
が、陽があたらないので あまり伝わらない。
d0243721_2375922.jpg

今日は のりちゃん モッチと ご一緒させていただきました☆
d0243721_2384984.jpg

まずは大日ぐら  なかなか テンションの上がる景観でしょ?
d0243721_231041.jpg

ココ 歩くんですよ~!! 岩盤をくりぬいて歩道が作ってあるんです。
d0243721_23132464.jpg

道幅は細いですが しっかりと整備されているので安心ですよ。
d0243721_23143943.jpg

吊橋を渡ると。。。
d0243721_23154240.jpg

こんな道が暫く続きます。
d0243721_23172894.jpg

谷筋なので 紅葉も輝かないなぁ。。。
d0243721_2319737.jpg

でも 楽しけりゃ 良いのです。 003.gif
d0243721_23201630.jpg

お二人さん 何を見上げてるんでしょ??
d0243721_23221074.jpg

あっ  千尋の滝(せんぴろのたき) ですね。
d0243721_2323995.jpg

どうやら 陽がさしてこないのは 曇空だからのようです。

健脚二人組み どんどん先を急ぎます。
d0243721_23245853.jpg

おお~い まってくれぃ。。。025.gif
d0243721_23263752.jpg

水がしたたる 大岩をくぐっていきます。
d0243721_2328682.jpg

足元は水が たまっているので ご注意あれ~
d0243721_23294757.jpg

出発からちょうど2時間ほどで シシ淵に到着です。
d0243721_2331284.jpg

キレイだね~!
d0243721_23323272.jpg

水もキレイだね~!
d0243721_2333349.jpg

暫く休憩した後 先を進みます。
今度は少し急登です。
d0243721_2335173.jpg

辿り着いた 東屋からは。。。
d0243721_23374839.jpg

シシ淵の奥に見えていた ニコニコ滝を間近に眺めることができるんです。
d0243721_23385566.jpg

いや~  もう ここまででも 満足でしょ☆
とも 思いますが
まだまだ先を行くようです。

平等ぐら吊橋を渡ります。
d0243721_23415797.jpg

前回同様 ありました。 コノ岩で軽自動車サイズですよー。
すごくないですか??
d0243721_23443348.jpg

気づけば 青空。
d0243721_23531986.jpg

晴れれば テンションも(さらに)上がる!!
d0243721_23541016.jpg

出発から 約3時間 
d0243721_23551857.jpg

吊橋を渡れば 桃の木小屋に到着です。
d0243721_23584116.jpg

でも ここは帰りにまた寄るので先に進みます。
d0243721_014472.jpg

高さはさほどありませんが 大日ぐらのようですね!
でも足元はしっかり舗装されてあります。 崩れやすいんでしょうか?
d0243721_04581.jpg

水は さらに美しいです。。。
d0243721_05235.jpg

ややや!! スライダーのよう!! しかもダブル!!
夏だったら 滑りたいところ。。。003.gif  
d0243721_071340.jpg

そして そこから数分の東屋で 七つ釜の滝を眺めて 。。。
d0243721_0133010.jpg

やはり 帰りのことを考えてここから先 ・・・  
「崩壊地」へ行くのは 諦めました。 やっぱり日帰りだと厳しいなぁ。

まぁ お楽しみが残ったってコトで。

桃の木小屋に戻って 一息。
d0243721_0221761.jpg

秋の柔らかな光に包まれた 桃の木小屋は
なんだか 田舎のおばあちゃんの家に帰ってきたかのような 
ホッとするような  たたずまいがステキな小屋でした。
d0243721_0252218.jpg


こんどは ゆっくり 小屋泊したいなー。




ポチっ☆と 応援していただけると喜びます~笑
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

[PR]
by sei-yoga | 2015-09-06 00:28 | ・・・ 近畿の山